naru_bill.jpg

鳴ちゅるうどんとは

徳島出身の写真家中野晃治さんが鳴門うどん探訪記『鳴ちゅる』という本で名づけました。
このうどんは鳴門以外ではほとんど知名度・認知度のなかったうどんでした。しかし、 これを皮切りに、少しずつ知名度を上げつつあるご当地うどん・伝統のご当地グルメです。

鳴ちゅるうどんとは基本的に細麺ですが、細太・長短・厚薄の違うふぞろい麺です。
出汁はいかにもうどんという強い物ではなく、やわらかくあっさりとしており、少し甘く感じるかも知れません。 (鳴門はお赤飯にお砂糖をかける文化があります。)
具はネギにお揚げを刻んだものに鳴門名産のチクワやわかめがつくものもあります。

【鳴るちゅる・讃岐うどん比較】
naru_top2.jpg
鳴ちゅる

naru_top1.jpg
讃岐うどん

鳴ちゅるうどんの魅力

鳴門は讃岐うどんの本場香川県のすぐお隣にあります。
鳴門・徳島にも讃岐うどんはどんどん進出してきています。
パンチや歯ごたえ・腹ごたえは讃岐うどんの方が有り、 讃岐うどん好きの方や太うどん好きの方が鳴ちゅるうどんを食べると物足りなく感じることも多いようです。

うどん好きの方々のブログやTwitterなどでも鳴ちゅるうどんは賛否が分かれておりますが、 讃岐うどんを食べた後でも鳴ちゅるうどんなら食べられると仰ってくださっている方々もおられますし、 力強い讃岐うどんを食べた後に鳴ちゅるうどんを食べると癒されると仰ってくださっている方もいらっしゃいます。

実際、神戸・鳴門道を往復して讃岐うどんの食べ歩きに来た関西の方が、帰りに鳴ちゅるうどんを食べに鳴門によられる事も多いようです。 軽く・優しく・強くないことが鳴ちゅるうどんの特徴で有り、毎日でも食べられる・食べ飽きない。 だからこそ、強烈なインパクトの讃岐うどんのお隣でも愛され続けてきたのでは、と考えております。

鳴ちゅるうどんをぜひお試しください。その優しさに癒されるかも。

Why don't you try the "Naruchuru" Udon!

スクリーンショット(2011-08-30 15.14.08).jpg
【鳴ちゅるマップ】
※画像クリックで開きます

鳴ちゅるうどんを買えるお店