naru_bill.jpg

オーガニック麺 ウマイ株式会社 馬居製麺のこだわり

当社では安心安全なオーガニック麺の製造に努めております。

無添加・無着色・保存料不使用にこだわり、国産原材料・有機製品での麺作り、卵や小麦にアレルギーを持つ方々のためのノーアレルギー製品、血糖値やダイエットを気にされている方々への食物繊維入り製品、また、米粉麺の開発などにも力を入れております。

しかし、安全な製品・原材料ほど、どうしても劣化が早くなってしまいます。そのため、当社では以下の2つの方法で保存料を使わずとも安全な製品をお客様にお届けできるよう努めております。

1.バイオクリーンシステム(耐雑菌性製造機械)及びホワイトクリーンシステム
(NASA規格に適合する空調装置、雑菌フリー)

雑菌が製品の中に入らないようにするシステムです。製品の劣化は製品に菌が付着することによって引き起こされます。そのため当社では人や空気が原材料に触れることを出来るだけ少なくすることによって、製品に雑菌が入ることを防ぎ、菌の混入が少ないために、劣化も遅くなるという生産システムをとっており、その名称がバイオクリーンシステムとホワイトクリーンシステムです。当社では人の手が原材料に触れるのは粉の練り具合を見るときのみです。

2.海洋深層水

麺を練るのに大事な物は粉と水と塩です。どんなに粉にこだわっても水と塩が悪くては台無しです。その為、当社では清浄で安全かつ美味しい海洋深層水の源水を使用して麺を作っております。菌や不純物の少ない清浄な海洋深層水で麺を作ることによって、劣化を遅くするのです。また、海洋深層水の源水であるため豊富にミネラルと塩を含んでおり、食塩ではなく、深層水に含まれる塩分で麺を作っております。当社では高知県室戸岬沖の海洋深層水を使用しております。

naru_kodawari.jpg


naru_sinso.jpg

深層水について

特性

海水の水深約200メートルより浅い部分を表層水,深い部分を深層水といいます。表層水は太陽光線が届き,植物プランクトンなど多くの生物が存在していますが,深層水は太陽光線が届かず生物も少ししか存在していないので,細菌やプランクトンが少なく清浄です。海洋深層水の水質特性として次の3点があります。   

1.低温安定性

1年を通して水温が低く、季節による変化もほとんどなく安定している。(室戸沖水深320mで8.1℃~9.8℃) 

2.富栄養性

硝酸塩,燐酸塩,珪酸塩などの植物の成長に 必要な無機栄養塩類を多く含んでいる.表層でこれらはほとんど見られず、水深1000m 付近までそれらの濃度 は上昇し、その後一定となると言われている。世界で漁業の盛んな海域は,この深層水が湧き上がり,植物プランクトンが増え、そのプランクトンを食べる魚 も多い海域である。

3.清浄性

病原菌が少なく、水質悪化の原因となる有機物濃度も低い。深層水の細菌の数は,表層の10分の1から100分の1となっている。

馬居製麺・ウマイ株式会社は安心・安全にこだわった
オーガニック麺製品をお客様にお届けいたします!